今日の映画はナニミル?近未来映画「エリジウム」人の価値とはなんなのかが少しわかる映画

映画

今回紹介する映画は「エリジウム」

この先ネタばれがあるのでご注意ください!

2154年人類は環境汚染や疫病によって荒廃した地球と衛星軌道上に建造されたスペースコロニーエリジウムという二つの世界に分断されていた

エリジウムで暮らせるのは少数の超富裕層のみ、エリジウムでは清潔な水と空気と美しい緑に囲まれどんな病気でも瞬時に治療してくれるロボットを持ち、労働から解放された優雅な生活を送っている。

エリジウムは地球で暮らす貧しい人々にとって憧れの存在だった そんなイリジウム地球で暮らす一人の男が密航を企んでいた。 彼がどうしてもエリジウムに密航しなければならない理由は一つ余命が残り5日だからだ。

それではあらすじを解説していきます。貧困層が多く治安の乱れてすっかりスラム化した地球。そこで暮らす幼いマックスとフレイはとても仲良しだった、二人は将来の夢を語り合いマックスはフレイにいつかエリジウムに連れて行くと約束した。

月日が流れ成長したマックスはエリジウムを作った会社が経営する、ロボット工場で働いていた。ある日マックスが仕事に向かう途中、ロボットからいきなり尋問を受けたマックスは過去に盗みの前科があったからだ、マックスが従わずにいるとロボットはマックスが抵抗したと判断し腕を殴り骨折してしまった。病院へ行ったマックスはそこで看護師をしている幼なじみのフレイと偶然再会した、マックスはフレイに会えたことを喜び彼女をデートに誘うがフレイは乗り気ではなかった。その頃エリジウムにいる防衛庁官テラコートが密航者たちが乗った飛行船を発見、地球からの不法侵入を阻止するため独断で地球にいる傭兵クルーガーに銘じ飛行船を撃ち落とした。その中の一機がイリジウムに不時着した、テラコートの命令で全員地球へ強制送還。テラコートはこの一件で総裁から叱責されるが自分の判断に強い自信を持っている彼女は何も感じていなかった。

実はテラコートは密かにクーデターを企てていた。彼女はエリジウムを作った会社の重役と会い、エリジウムのシステムデータをこっそり書き換えるように依頼した。それによってテラコートは自分が新しい総裁になろうとしていたのだった。ある日マックスは工場の壊れた扉を修理しようとして致死量の放射線を浴びてしまった。

マックスは余命5日と診断され会社からは解雇されてしまった。マックスが生き残る唯一の方法はエリジウムにあるどんな病気でも瞬時に治すことができる医療ポットを使うこと。マックスはエリジウムに行く事を決意する。とはいえ正規ルートでエリジウムに入ることはできない、マックスはエリジウムに密航できる闇商人スパイダーに会い、交換条件として地球にいるエリジウム市民の脳内データを奪う仕事を引き受けた。

そのためにはまず弱っているマックスの肉体能力を高めなければならない、そこで マックスは手術を受けて強靭な体に生まれ変わり、データを盗む相手をカーライルに決めた。

飛行機でエリジウムへ飛び立とうとするカーライルを襲うマックスたち、カーライルが攻撃されていることをテラコートに報告するとテラコートはクルーガーにそこへ向かうように命じた。落ちた飛行機の中にカーライルを見つけたマックスたちは、さっそく彼の脳とマックスの脳を接続そしてダウンロードが終わった。瞬間クルーガーたちがやってきた 彼らは激しい戦闘となりマックスの仲間は殺された。そうしてマックスは命からがらその場から逃げた。

その頃病院にいるフレイは幼い娘のそばにいた、実は彼女はシングルマザーで娘は末期の白血病だった。フレイのいる病院の近くで倒れたマックスは大怪我をしている。マックスを見つけたフレイは頼まれて自宅に連れて帰り、手当てをした。その時フレイはマックスの腕にイリジウムへの通行証の焼印があるのを見つける。目が覚めたマックスはフレイに娘がいたことを知った。 フレイは娘の命を救うためエリジウムに連れて行って欲しいとマックスに頼むが二人の命を危険に晒してしまうためマックスは断って出て行った。

しかしフレイと娘はマックスを追ってきたクルーガーに捕らえられ、飛行船に乗せられてしまった、マックスはスパイダーから脳にあるデータを使えば地球にいる人々も全員エリジウム市民になれること教えられた。クルーガーは自分のデータが欲しい、それを知ったマックスはクルーガーをおびき寄せ手榴弾を片手に取引を申し出た。

エリジウムに行き医療ポートで病気が治ったらデータを渡す、クルーガーは条件を飲んだ。マックスが飛行船に乗るとそこにはフレイと娘がいた、飛行船はエリジウムへと向かった、その頃マックスの居場所を突き止めたスパイダー達もエリジウムに向かって飛び立った。飛行船の中ではマックスとクルーガーの部下がもみ合いになっていた、そして手榴弾が爆発してクルーガーの顔は吹き飛び、飛行船はエリジウムに墜落した。

口を塞がれベッドに縛り付けられるマックス、脳からデータをダウンロードするとマックスは死ぬということが判明するがデータのダウンロードが進められた。マックスは何とか力を振り絞って装置を外し別の部屋で監禁されているフレイ達を助けに行った。

一方クルーガーは医療ポットで回復し元通りの体になった。そこへやってきたテラコート、彼女からエリジウムに墜落したことを責められたクルーガーは怒りでテラコートの首を刺した、テラコートはフレイたちのいる部屋へ放り込まれ亡くなった。この勢いでエリジウムを乗っ取ろうと思ったクルーガーはその前にマックスを殺すため、彼を探し始めた。フレイたちを助けたマックスは娘を医療ポットに入れるために2人を地上に逃した、それからマックスとスパイダーはデータを書き換えるため中央制御室に向かった、そこへ現れるクルーガーふたりは死闘を繰り広げマックスがクルーガーを倒した。

マックスとスパイダーは中央制御室へ侵入し脳内のデータをアップロードしようとするがデータのダウンロードがマックスの命と引き換えであることを知ったスパイダーはその判断をマックスに任せた。しかしマックスの答えは決まっていた。マックスはフレイに電話をし子供の頃の思い出話をする。フレイはもう会えないが子供の頃にした、いつかイリジウムに連れて行くという約束を果たせたことにマックスは満足した。電話を終えるとマックスはペンダントに入れた地球の写真を眺めながらデータのダウンロードキーを押した。ダウンロードが始まるとすぐにマックスの意識が遠のいていった、そしてダウンロードが完了しマックスはなくなった。

すべてのプログラムの書き換えが終了しフレイの娘がエリジウム住民として認識されたことで医療ポットが作動、娘の白血病は治りフレイは涙を流して喜んだ。一方スパイダーは捕らえられそうになるが彼もすでにエリジウム市民として認識されておりロボットは手を出せなくなっていた。

こうしてエリジウムは開かれた 地球にいる人々も全員エリジウム住民となり多くの重病患者が医療ポットで治療を受けることができるようになった。フレイはマックスのペンダントを手にし尊い犠牲になった彼のこと思った。命に対する格差がある未来が舞台でしたがリアリティーのある物語でした。

死にたくないと何度も口にし生への執着を見せていたマックスがフレイの娘のため、地球で暮らす人々のために自分の命を差し出す、彼の決断を見てもし自分だったらどうするのだろうかと考えてしまいました。ぜひ映画本編も見てください!

映画を見るならAmazonプライムビデオがお得です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました