コロナウィルスの影響でたくさんの飲食店が自粛、閉店していく中で感じた新しい道を提示するべきという話

ブロガーへの道

今はコロナウィルスの影響は一時期に比べると収まっているような報道になっているように見える。

でも実際のところはどうなのかは私には知る由もないわけでこの辺のことは結局、政府や国が真摯にその真実を伝えているのかどうか信じるしかないことなんだと感じる。

だけど自分の生活のレベルでは実際にコロナが与えている影響を考えるとわかることもある。

例えば飲食店なんかがそうなんだけど、ほとんどがテイクアウト営業か時短、自粛営業になっていて、なかには閉店してしまっている店もあるというのが真実。

持論だけど店を自粛営業とかやっちゃいけないって方針は1カ月が限度、今の傾向は長期戦覚悟なわけでどうやったらオープンできるのかを模索することが大事なんだと思う。

今の雰囲気を見れば休業補償ということで耐えしのぐことも一案だけど、目の前の家事になっている個人事業の人たちが給付まで本当に持つのかどうかも焦点なんだと思うんです。

素人がなんだかんだ言えることは少ないですが、少なくても今の現状で政府が自粛と訴えているけどコロナの終息が見えないなかで補償もするけど永続的にできるわけではないのであれば、やはり取るべき道は「ウィルスとの共存」が結果的な結論なんではないかと思う。

もう先に共存の考え方があるのであれば今から取って掛からないと、さっきも言ったように潰れなくていい店が潰れなくて済むかもしれないと思うんですよね。

このウィルスが年内とかのレベルで収まるかどうかも怪しいのであれば早く共存という考え方、仕組みを考えてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました