自作でWEB開発と考えたときにあなたはどちら側?オープンソース、それとも自作?

雑記

夜な夜な個人WEB開発に関して夢想する日々が続いています。

以前会社の元同僚と飲みに行った時の話しを思い出していました。

もし自分がWEBアプリを開発するときにはイチからすべて開発するのかオープンソースを利用して開発するのか?

私は断然「オープンソース」と答えました。

しかし同僚は「一から作成しないのは開発者としてどうかと思う」と言われたことを思い出しました。

当時からオープンソースはかなり存在していましたが今ほど充実はしていなかったので彼が言っていることもあながち理解できなくはないですが、もし今同じ会話をしているのならやはり「オープンソース」と答えるでしょう。

なんせ自分がWEBアプリを開発した場合に考えることは世の中にどれだけ早くリリースするかがポイントであって個人の自己満足なんかが邪魔して開発が遅くなるくらいなら絶対に工数を抑えるべきだと考えていたからです。

ただ元同僚と私の根本的な考え方が違うという点もあります。

 

元同僚の目的:自身の開発欲を満たすための開発
私の目的:自分が考えたサービスの世の中の反応を見たい

まあ目的が違うから当然開発の方式は変わることは当然だと思います。

でも私はあくまで自分が自己満足で開発したとは言えせっかくWEB上に構築するんだったらみんなに見てもらって使ってもらった方がいいじゃんと思っていたのでオープンソースを利用してより自分が考え出したサービスを早く世の中に出したほうがいいやんと思って発言しました。

ということは自分の腕がオープンソースを利用せずとも爆速の開発力があれば話しは変わってきます。一日そこらでホイホイとWEBサービスを作成する力量があればバンバン自分で作成するべきだと思います。

要はどれだけのスピードで世に出すかということが言いたかったのです。

こういうのも自分が過去に作成したものもスピードの遅さで開発をあきらめたり結局自分の力量不足で最後まで作成できずに終わったアプリがたくさんあったいう経緯からです・・・

非常に醜い言い訳ですが子供ができてから正直、自分の時間を作るのに四苦八苦してWEB開発なんてもう完全に諦めてました。

まずPCを開くことすらできない、ましてカフェでゆっくりコーヒー飲みながらノートPCなんか広げてやるってことなんか夢のようでしたから。

でもそこは結局言い訳なんですよ、最近はTwitterを頻繁に見るようになって、名だたるインフルエンサー様たちのパワーワードを聞かせてもらって「このままじゃいかんと!」っと自分を鼓舞するようになりました。

そんなことから昔に話した会話をこうやって思い出したんだということです。

今はそんなに時間をかけなくてもすでに作成された基盤があり自分のアイデアを載せてWEBアプリを作成することが可能ということです。

まずは一本、そう一本からアプリを作成していきたいと思いました、また昔のように同僚と飲んだ時に開発の話しをすることも近いと思います。

コメント