【実録!とある現場の奮闘日記】おじさんエンジニアとの苦悩の会話

エンジニアネタ

ある日、おじさんエンジニアに作業を依頼した時のお話しです。

トホホな内容ですが実録です。

 

Katsuo
Katsuo

すいません、〇〇の調査をお願いしたいと思うんですけどいけますか?

 

おじさんエンジニア
おじさんエンジニア

はい、〇〇のことならわかります。

Katsuo
Katsuo

ではお任せしますね

 

そういって安心感を胸に作業をお願いして席を離れました。

少し経ってから自分が思ったよりも作業時間がかかっていたので声をかけてみた。

 

Katsuo
Katsuo

どうです、進捗の方は?

おじさんエンジニア
おじさんエンジニア

??どうですっといいますと?

Katsuo
Katsuo

いやいやさっき作業任せましたよね?

おじさんエンジニア
おじさんエンジニア

あーあれですか、何かお急ぎでしたか?

Katsuo
Katsuo

いや急ぎっていうか、おじさん仕事が手すきだったんじゃないですか?

実際にスケジュール管理している私からすれば作業は手すきで全くやることなかったのは知っていたのですがなぜかしらを切るおじさんエンジニア

おじさんエンジニア
おじさんエンジニア

(ムスッ)そんなことはなかったですが、ところでなんでしたっけ?

Katsuo
Katsuo

いやだから〇〇の調査を依頼してたじゃないですか!

おじさんエンジニア
おじさんエンジニア

あー〇〇ですか、△△って解釈でもいいんですよね?

この時おじさんエンジニアがいったのは全く見当違いのことで業務を一切わかっていなかったのです。

Katsuo
Katsuo

あーもう締め切りの時間が迫ってるじゃないですか!

おじさんエンジニア
おじさんエンジニア

あーどうしましょうか?

Katsuo
Katsuo

僕がやりますよ!

 

そうしておじさんエンジニアは定時を回るころには帰っていきました。

昨今のおじさんエンジニアには驚かされます、マイペースというか責任感薄いというか全くもってやる気を感じませんでした。全てがこのタイプに該当するわけはありませんがこの年(50歳前後?)で短期間で現場周りをしている人に非常に多いタイプです。

正直年齢と実力が反比例しておりますよ…

皆さんもこんなおじさんエンジニアに出くわしたら諦めてください、もう伸びしろはありませんので我慢するかガンガンに雑用を押し付けるかの二択しか残りません(泣

コメント