【SEO対策】検索ボリュームを意識した目安の数値は?【キーワードプランナー対策】

ブロガーへの道

SEOの対策としてよく「検索ボリューム」って聞くけど目安ってどのくらい?それに本当に気にする必要はあるの?

 

ブログをやっている方なら一度は気にしたことがあるはず、キーワードによっての数値は100になったり、500になったり多いものでは10,000、100,000になったりその目安が気になるものです。そのボリューム数はどのくらい?そもそも気にする必要があるのか?など様々な疑問を検証しつつそんな記事を記事にしてみましたので見ていきましょう。

そもそも検索キーワードボリュームとは…?

検索キーワードボリュームとは、Google、Yahoo!Japanなど検索エンジンによって検索されるクエリ(キーワード)の検索数のことを意味します。
SEOを行う際に事前にその対象となるキーワードがどのくらい検索されているのかなどの目安を導き出すために調査方法のひとつになったりします。検索チェックツールなどを活用し事前に調べることが可能です。

参考:Googleのキーワードプランナー、合わせて関連キーワード関連キーワード取得ツール(仮名・β版)がおすすめです。

 

検索キーワードボリューム、では目安の数値は…?

ずばっと言えば「100以上~1000未満」を目安にされるのがよいと思います。

キーワードによりますがこのくらいの値が一番妥当ではないでしょうか。

では先ほどの数値をもとにした数値を超える「1000以上」のキーワードについては指定してはいけないでしょかという疑問もでてくるかと思います。当然そんなことに縛りはなく1000以上には1000以上の方法があるというのが答えです。

それではそれぞれのパターンについてみていきましょう。

A 検索ボリューム:100以上~1000未満

B 検索ボリューム:1000以上

 

では早速見てみましょう。

 

A 検索ボリューム:100以上~1000未満

こちらの答えについて「収益を見込めるのであれば書くべき」ということです。

いきなりの収益という言葉に戸惑いを感じる方もいると思います、でもまず記事にしたきっかけというのはどういったところから来ているのでしょうか?

ずばり売り上げを上げるために書くんですよね?

っということです。

その点を考えて「キーワード検索数が低いからパス」というよりも収益があると考えられるキーワードなら書いていくことをおすすめします。

例えば「育毛」というキーワードに関連キーワードを当てて「育毛 おすすめシャンプー」というものがでてきた場合に可能性がゼロではないわけです。

いかに検索数値が低いからといって書かないという理由にならないのはこのためです。

 

B 検索ボリューム:1000以上

1,000以上の検索ボリュームの場合、「記事を分割しないと上位を狙えない」というのが結論です。

それはもし1,000以上の検索キーワードを見つけて書いたとしてもそれはそれを一つの記事で上位を狙っていくと難しいので以下のツールを使用し分割した記事にすることをお勧めしています。

先述した「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」を使います。

例えば「〇〇 △△」という〇〇の主たるキーワードをあったとします。

〇〇をツールを使って検索すると関連キーワードが順に表示されます。

この中からベストなキーワードを見つけていくとことで簡単に関連記事の要素を見つけることができます。

まずは関連記事を作成していき記事に内部リンクを張ることで上位表示することを狙っていきましょう。

 

まとめ

ここからは少し本音の話しですが正直検索キーワードに凝り固まる必要はないと思っています。

確かにネット全体からみる規模を測る目安としては機能しますが必ずしも検索上位に導いてくれるものが割り出せるわけではありません。

多いものには多いものの対処方法、少ない場合には少ない場合の対処方法があると捉えることが重要だと感じます。

まずは大事なことは

市場の規模を測る

関連キーワード(サジェスト)に対して記事を書く

上記の2点を抑えることだと思います。

また最も必要なことは何においても

記事の質を最重要視すること

これが一番重要だと思います。

コメント